青春SFキャンパスプチホラー「ハッピー・デス・デイ2U」

ガチガチのホラーかと思いきや。さらに続編なのに「1」を観ないで「2」を観るという暴挙(^。^)にでる自分。  このポスター見たら絶対ホラーだよね。冒頭に主人公が前回のあらすじをサラッと教えてくれた。これはありがたい。だが母の死とか親友の関係とか毒入りケーキとかちんぷんかん。やはり前作観ないとね(^。^) 軽い気持ちで楽しく観ようと決めた。そうか最後はベビーお面を被ったやつをぶっ飛ばせばいいんだな。と勝手に理解...

リアルな迫力 CGな迫力「アイガー・サンクション」

クイントイーストウッド。男はつらいよ 寅さん映画の初期の映画製作スピードも凄いものがあったが(1年に2本とか3本製作してたんだよ) イーストウッドも年1回ペースでほぼ主演映画出演してるよね。それもヒット作ばかり。 大スターですね。  元CIAで今は諜報員兼殺し屋。引退したがってる。隠れ蓑は大学教授。山登り経験あり。ポスターは007ばりの銃構えてのポーズ。スパイアクション(劇中の偽名にボンドと言ってたり)のよ...

ロードムービーアクションって珍しい「サンダーボルト」

サンダーボルト  1974年 作品クイントイーストウッド主演と言われてしまうがジェフブリッジスとのダブル主演である。  タイヤが吹っ飛んだ次の瞬間に直ってたり、みんなでバイトして20ミリ機関砲をどこからか仕入れたり、荒さがあるにはあるんだがアクション要素として流そう。主人公の特徴である、銀行強盗には20ミリ機関砲というのは物語の派手さを演出してるのだが、C4(爆弾ね)とかで爆破すればいいんじゃない?と突っ込み...

SF映画でよく見かけるまっさらな壁「上海要塞」

低予算のSF映画などでよく見かける。チリひとつなく汚れもまったくなく傷や色落ちもない、今出来上がりました的な防衛基地。そして何年も経ってる設定にもかかわらず全員がシワひとつない新品の戦闘服。子供向け邦画作品などでもよく見る光景。張りぼての戦艦とか、戦隊モノのロボットのコクピットとか。  上海要塞  2019年作品  中国制作  Netflixネットで探ってみると、膨大な予算を使って作成して、人気アイドル?を起...

少女漫画世界にもSFブームがあった「地球(テラ)へ」

少女漫画と言っても、この作品は1970年代の少年漫画を映像化したアニメ映画であった。  竹宮恵子 マンガ少年連載 1977~1980                映画版は1980年公開竹宮恵子さんの作品は、当時読んでたので印象深い少女漫画なんだけど地球へ 以外よく覚えてない(^。^)  少女漫画に同性愛を取り入れた元祖的作品 これ夢中になって読んだ記憶だけある(^。^)石ノ森章太郎さんのアシス...

伏線は回収されるのがファンとしては嬉しい「牙狼 月紅ノ旅人」

最近は鬼滅ロスで賑わっている。鬼滅も伏線がやや残されたまま終了したようだが大筋は満足した大団円でしたね。百恵さんがマイク置いた引退のように、絶頂期に引退する潔さと勿体無い感。ファンは複雑だけど。ただ漫画作品ってしっかり終わってほしいのが願いですね。風呂敷広げまくって休載する作品って多いから。結局終了も。さて、漫画じゃないけど、大人のヒーロードラマ  牙狼とっかかりはパチンコなんだけど(^。^) 戦隊シリ...