クライマックスは盛り上げてくれ 「クロース」

クローズ 孤独のボディーガード  2019年作品 イギリスアメリカ合作   実際に大御所女優などを警護する女性ボディーガードを参考に作りあげたNetflix映画。アクション作品の王道を女性主人公で展開する。冒頭から襲撃に対し見事に防御能力を見せる主人公。なかなか引き込まれる。その後依頼される案件は、大企業の娘の護衛。前の男性ボディーガードは娘に手をだしちゃった(^。^)ため、女性に限定依頼。娘と寝ない人を雇ってと...

前衛芸術異星人「パーティーで女の子に話しかけるには」

タイトルから見て、青春連載ムービーかと思い。エルファニング見たさもあってチョイス。  ウブなふたりが恋愛に悩むのかなぁ。と想像してしまう。いや待てよ。背景色がダークだな。。女の子が笑ってないな。。。大御所ニコールキッドマンが出てるぞ。期待は膨らむ?  うん?なんだこの派手な雰囲気は。冒頭のCG映像で体内での受精をイメージするものが。SFだったのです。高校生ぽい主人公と友達が集うシーンからスタート。パン...

病気ものは観れないかも「8年越しの花嫁」

今回はひとりごとレビューにて映画の内容はスルーです。これたしかテレビのバラエティで再現映像で観た実話だね。映画版を先日テレビ放映があったので鑑賞。  すごい話だよね。本にして出版したのはとてもいいことだと思う。これぞ奇跡。感動です。最近体調が思わしくない。だるい。腎臓移植してから約1年。透析してた頃のような身体感覚。元気にはならんなぁ。いい日もあるけどね。波がある。映画で主人公の彼女が倒れてからベ...

鬼滅の刃 良い終わり方でしたね

映画はまだ公開されてませんが。(10月でしたね) 楽しみです。内容は原作読んでるので、映像が楽しみ。自分はアニメから原作を読むようになった口です。無残の放った、下弦の鬼のひとりとの戦い。夢対決。さて原作は、爆発的な社会現象の最中にまさかの完結。少年ジャンプでは珍しいパターン。今までは人気が爆発すると20年くらいやるからね。 まだまだたくさんあるよね。 結局ネタ切れで飽きられちゃって打ち切りのように終了し...

他団体交流戦第二弾 なのかな「ひきこさんvs貞子」

何気なく観てしまうビッグネーム。そう  貞子さん  日本のホラーを代表する重鎮。  これです(^。^) 「ひきこさんvs貞子」とってもユニークな作品であった(失礼)ため、まともな映画レビューは出来そうもなく。ユニークに書いてしまいます(^-^)ひきこさん貞子さんファンの方はスルーしてください。ネタバレもします。2015年作品。 ひきこさんは初見のため、この作品で知った。どうやら、いじめっこたちをぶっ殺すという救世主...

実名の国家名で戦争スリラーって現代では珍しい?「鋼鉄の雨」

昭和中期の戦争関係映画って第一次大戦や第二次大戦ものが多く、自国の勝利エピソード系が確かに多かった。それと冷戦時代だったので、フィクションものはアメリカ対ロシアも多かったし、コンバットに代表するアメリカ対ドイツも多い。ホロコースト系も多い。これは今でもたまに見かけます。ドイツは戦争責任は国家で宣言してるからね。題材としても使いやすいかも。ただ現代では、フィクションであってもシリアスな展開で他国名を...

関連する題材の経験者としては複雑「わたしを離さないで」

「私を離さないで」 NEVER LET ME GO   2010年公開 イギリス作品原作 カズオ・イシグロ 氏 2006年小説  原作は未読  SF要素のスリラー。ですが人間ドラマ。生きることの意味を探す。内容感想の前に、なぜこの作品を鑑賞したかは次のアニメを観たから。  「約束のネバーランド」アニメ版 少年ジャンプ連載作品GFハウス脱獄編という12回の作品でした。鬼という生物の食料として子供達には秘密のまま飼育される施設...