明るく楽しくボリウッド「ドライヴ」

明るく楽しくといえば、そのあとに「激しく」をつけた全日本プロレスのキャッチコピーをすぐに思い浮かべてしまう(^。^)明るく楽しくインド映画の真髄!?切ないとか悲しいとかの作品はないのかな。悪知恵だったり悪事だったりのシーンは、スクリーンに物を投げつける。というのがインド映画の常識だそう。そしてダンスシーンは皆で踊りまくる。文化の違いって面白いね。インド映画  「ドライヴ」  オープニングは激しく公道レ...

志村けんさん まさかコロナで・・

突然びっくりです。とても残念。直前までテレビで元気な姿観ていたのに。悲しいです。深夜帯の志村でナイトも欠かさず観てた。ドリフの全員集合世代なので思い入れも大きい。子供の頃は、まだ志村けんさんは加入してない時代。自分はカトちゃん世代なんです実は。でも志村けんさんのナンセンスギャグはずっと長い間支持されてますね。 志村けんさんがドリフ映画に出始めたときの作品。後半作品は必ず寅さん映画と同時上映だった。...

格闘技漫画といえば中城健先生「格闘技世界一」

格闘技は数多く、柔道・レスリング・プロレス・総合などなど。さらに題材にした漫画はものすごく多く、有名作品有名漫画家もひしめいていますね。でも昭和中期に青春だった私は格闘技漫画家といえばこの人なんです。中城健さん。(格闘技漫画は主に梶原一騎さんの原作多し)  昭和の馬場猪木時代のプロレス、沢村忠氏や藤原敏男のキックボクシング。国民のヒーローとなれた時代でしたね。現在の格闘技はヒーローではなくキャラクタ...

同情と共感の悪は蜜の味か「ジョーカー」

バットマンのスピンオフ作品?ハーレークインはまだ観てないが、これもそうなのかな。映画はなかなか劇場に行けないのでDVD出たら観よう。   ジョーカー  評価高いようですね。冒頭から差別やいじめのシーン。それから実に暗い展開。同情を生む生い立ち。虐待、差別。世の中への怒り。バットマンの宿敵の誕生は、スピンオフとして魅力ある作品であった。ジョーカーがそのようになるのは、共感や哀れみや同情を感じてしまう。...

幽霊に頼り過ぎないのもいいよ「ザバハ」

韓流ホラーです。ほぼネタバレします。 「ザバハ」 ホラーというよりサスペンスかなぁ。以前、箪笥(たんす) という作品観て、韓流ホラーって邦画とはちょっと違う雰囲気あるよね。箪笥は、なかなか精神的世界にトラップかけた面白い作品だった。最後のたんすに挟まれた描写が頭に残るよね。この作品も、ほとんど幽霊は出てこないんだけどそれっぽい演出がある。でもそれは実在人物するだったけど。突っ込みどころとも言えるかな...

セーラー服ミニスカ戦闘  その2 「ラスト・ブラッド」

BLOODは2000年にアニメ映画が作成されてます。映画というより単発OVA作品といったところか。45分作品。主人公の小夜さんには工藤夕貴さんがアフレコ。 この画像は、のちに2005年に作成された、テレビ作品で、全50作。BLOOD+(ブラッドプラス)という題名。普通の少女の苦悩から戦闘美少女(という呼び方がメジャーだそうです)に覚醒。これは、2000年に作った作品が実に受けたので、世界観を使用した派生作品。タツノコプロから分裂...

セーラー服ミニスカ戦闘「ブラッドC」

セーラー服というと「セーラー服と機関銃」が頭に浮かびますね。あとは「スケバン刑事」。アルバトロス配給の「セーラー服チェーンソー」(^。^)というのもあったね。セーラー服と書くとエロにつながってしまいそうですが(^-^)    可憐な少女が妖獣(エイリアンとかゴジラのヘドラの等身大とイメージしてもらえるといいです)と戦うのは、実に痛快で不思議な迫力があるんですよ。セーラー服戦士と怪獣は実に大好きなので(^-^...

急ぎ足の締め「スペンサー」

罠にハマりムショに入った警官。王道の展開。無実を晴らすために腐食警官と対決する元警官。人気小説の実写映画のようです。気軽に楽しめる作品でした。ただジャンルがアクションコメディという振り分け。どこがコメディなのか不明。元?奥さんが、ぶっ飛んでる行動するシーンはあれど、不正を暴くために奮闘するサスペンスアクションだと思う。 主演はマークウォールバーグ。最近この俳優をよく観ます。アクション俳優と言えるの...

主人公を消し去るのは感動なのか「トイストーリー4」

今回は原密に言うと消し去った訳ではないが、それ相応のイメージはあった。 そうトイストーリー4を観てショック。トイストーリーのイメージは、家族で楽しめるアニメ。優しくてコミカルで冒険がいっぱいで友情や仲間意識や愛情で包まれてる。だが今作は、公開テーマが「なにがおもちゃにとって幸せなのか」である。重い。キャッチコピーは「あなたはまだ…本当のトイストーリーを知らない」。不安である。今までのは忘れてね、とも...

身近にあるものを使われると怖いよね「ポラロイド」

ホラーは時々観たくなる。ファーストフードが時々食べたくなるのに似ている。この作品は、全世界?で上映中止となった(ほんとか?^_^)と言われる曰く付きの映画です。正直観たけど。どこが中止される理由?という感じですね。 でも観てホラー好きには楽しめる内容です。とあるショートホラー作品をリブートしたようです。身近にあるものが呪いの連鎖を生む。これは現実感を煽る。恐怖アイテムとしては抜群の小道具となります。こ...