レーサー少女「新感染半島ファイナルステージ」

   2020年  韓国   ヨン・サンホ監督新感染の続編。前作ゾンビウイルス出現で混乱する韓国で列車に発症した人物が乗り込んだパニック作品のスピンオフ的な映画でした。ゾンビ映画というとだいたい2パターンで収まる。その発生から逃げ惑う物語または脱出。もうひとつはゾンビ世界確定でバトルで挑むもの。だいたいは絶望感で終わるエンディングが多く、物語の締めは曖昧が多い。今作は、「ゾンビ地帯から現金...

そうか心臓か。「ザ・ソウルメイト」

    2019年  韓国   チョ・ウォニ監督原題は「ワンダフル・ゴースト」である。内容的には幽霊の人はワンダフルな結末にはなってないように思うので、私は邦題の方がイメージに合います。  マブリーにしか見えない幽霊。笑顔と涙で、良いコメディですね。ファンタジーなのだが、韓流得意?の警察汚職が絡み、人身売買組織が関連するサスペンスもありダークな雰囲気に戸惑ってしまいそう。 マブ...

冷蔵庫の電気は消えない「事故物件 怖い間取り」

  2020年    中田秀夫監督       原作 松原タニシ  私はいつも恐怖作品をレビューすると、「電気つけろよ」と言ってしまうのである。電気つけても薄暗い雰囲気は出せると思うんだけど。暗いとこで行動する人にはきっと心霊現象なんかが常に起こる人物なんだ。と微妙に自分を納得させてしまうのだった。  実話ってポスターに書いてますよね。   さて今作は事故物件で心霊系体験...

宇宙服っていらないんだっけ「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

   2019年   アメリカ    J・Jエイブラムス監督    原作J・ルーカスネットレンタルがなかなか出来なくて(基本レンタルかNetflixで鑑賞)、さらにもう周辺にはレンタル店が軒並み閉店。いつになるやらと思っていたが、先日テレビで本編ノーカット版が放映されたので観ました。しかしエンドロールはちゃんと観たかったんだよなぁ。エンドロールの余韻って好きなんだ。  洋上の戦い。さすが海...

私が犯人役やります「新幹線大爆破」

  1975年    佐藤純弥監督   1975年作品でこの大作。かけそば200円くらいの物価の時代で10億から20億と言われる製作費をかけたという証言がある、パニックアクションサスペンス。実質の予算公表は5億3000万。どっちが正しいのやら。 高倉健さんは、本当は国鉄側(新幹線運転手)の役柄だったが犯人役の宇津井健さんに気を利かせて犯人役を買って出たとのエピソード。 国鉄の映画内容大反対にて撮...